Category: 活動報告

3/31 勉強会&プチ撮影会の様子

_dsf7436
昼集合の待ち時間、自生の花桃が見事でした

new024_40 3月31日第1回目の勉強会とプチ撮影会が三浦半島葉山周辺で開催されました。
桜の花の状況は一日で変化してしまうので機敏に動ける車を駆っての移動です。

南郷山公園にてヤマザクラやソメイヨシノのプチ撮影会、その後地ものの魚介を購入しながら荒崎海岸などを撮り、サクラテラス葉山にて勉強会を行いました。
久しぶりの紙焼き印刷しての勉強会です、皆さん身を乗り出すようにして江口先生の指導を仰ぎました。

image-2
サクラテラスでの勉強会は最初で最後。次は”芦名ベース”での開催となります。

勉強会の後は気持ちの良い空気の中、サクラテラスの満開の桜の下でバーベキューとなりました。
4月からは新しい年度になります。活動もしやすい季節となってきました。
秋の作品展へ向けて皆さん作品作りに励みましょう!!

image _dsf7372
庭でバーベキュー。太刀魚、サザエ、マグロカマ、ラム肉、メカブとサラダ、シラス、タコめし…
おじいちゃん猫のバンクもまったり。

総会が開催されました

2018年 第5期に入ります。

12月16日 新宿の会場にて顧問江口先生、ペンタックスリコーファミリークラブ角田事務局長ご臨席の下、2017年第4期総会が開催されました。

2017年活動報告、2017年決算報告、2018年活動計画、2018年予算案を確認し、承認されました。
2018年活動計画につきましては、インフォメーションに掲載いたしましたので、ご確認ください。

議案では、本会をより多くの会員が積極的に活動できる会にするため、各々が努力していくことを確認いたしました。

2018年の役員が選任されました。

支部長:大橋拓也

経理 :塚本容子

企画:作田陽子

書記/Web担当:東城 孝

監事:岩崎良昭

以上、滞りなく進行、閉会いたしましたので、ここにご報告いたします。
本年も楽しく写真活動が出来ましたことを感謝いたします。
第5期もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

9月2日の第2回勉強会の様子

アズール作品展は無事終了いたしました。
期間中の一週間、多くのお客様にご来場いただき、用意した芳名帳も300名を越え記入していただいております。芳名帳をご覧になりたい方はお声を掛けてください。

e84149ef-17e6-4063-95b6-2cdb0c709c4bアズール展から間もない9月2日、第二回目の勉強会がみなとみらいで開催されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

勉強会に先立ち、みなとみらい周辺で行われた「ハマこい」の様子をプチ撮影しました。短い時間でしたがパワフルな踊りは大変面白かったです。

今回の勉強会は2部構成となっており、第1部では各人作品10点のプリントを江口先生に講評してもらいました。
第2部ではリコーイメージング㈱ファミリークラブ事務局の角田様による「RAWデータ現像処理」講座が開かれました。講座ではなぜRAW形式で撮るのか、レベル補正等での要点、現像から保存の方法、プリンターの設定など簡潔に教えていただきました。
このような講座は何度お聴きしても、その時々の自分のレベルで聴く要所があるように思います。
また機会がありましたら、企画していきたいと思いました。
114ec7fb-16ec-449c-8e18-638e36229650

次回のアズール行事は11月25日(土)の北鎌倉紅葉撮影会になります。皆様のご参加をお待ちしております。

アズール作品展プリントチェック完了しました

de71981d-11f2-4683-8bc1-342e4904cdc2-2

8月17日クリエイト銀座本店にて

江口先生にお立合い頂き、皆様のデータからプリントしたものをチェックいたしました。

どれも一発合格の美しい仕上がりになっています。
額装の際の配置などを細かく設定して、本番を待つばかりとなりました。

8月24日(木)は搬入・飾付けの日 となります。
14:30より 富士フォトギャラリー銀座 スペース1
にて行います。
出展会員による飾付けとなりますので、皆様できる限りお集まりいただくようお願いいたします。

アズール展「選考会」開催☆

選考会1

江口先生の話の中に何かヒントを見つけたい

選考会2

6月25日(日)東京スクエアガーデンにて第19回アズール展に向けての選考会が開催されました。

今回初めての試みとして設けたテーマ
「アー ユー Happy !?」
会員の皆様はどのように臨んだでしょうか?
直截的な表現は簡単に取り組めそうでこれがなかなか難しく、ここ数ヶ月はHappyって何だ?幸せってどこにある?と青い鳥を探すがごとくカメラをもって歩き続けたことでしょう。

仲間の会員の写真選考時には、我が事の様に聞き入り見つめ、こうした時間はきっとこれからの撮影の為になるはず!と確信した次第です。

© 2018

Theme by Anders NorenUp ↑